東京国際文芸フェスティバル2016クロージング!

<第1部>世界的ベストセラー『わが闘争 父の死』の魅力を語る <第2部>特別対談 海外文学の愉楽



会期 :
3月6日
時間 :
14:00~17:00
(開場13:30)
会場 :
国立新美術館 3階講堂
住所 :
〒106-8558 東京都港区六本木7丁目22-2
入場料 :
無料
予約 :
※定員に達しましたため、お申し込みを締め切らせていただきました。
出演者 :
第1部: カール・オーヴェ・クナウスゴール / 小野正嗣(聞き手)
第2部: 池澤夏樹 / 川上弘美 / 沼野充義(モデレーター)

<第1部>
世界的ベストセラー『わが闘争 父の死』の魅力を語る

冷たく専制的だった父はいつもどこか遠い存在だった――。十年前の父の死をめぐる家族の肖像と青春の日々を赤裸々に描いた自伝的小説が、世界中でベストセラーとなっている作家クナウスゴールが、日本初登壇。世界中で共感を呼んでいるその秘密に、同じく家族の物語を描く芥川賞受賞作家、小野正嗣が迫る。

<第2部>
特別対談 海外文学の愉楽

現代日本文学を牽引する作家、池澤夏樹と川上弘美。さまざまな海外文学を愛読してきた二人が、好きな作家や受けた影響から、今回の文芸フェスに参加する作家とその作品から今後会ってみたい作家の話まで、海外文学の愉しみを縦横無尽に語り合う豪華セッション。モデレーターは、世界文学に詳しいロシア文学者の沼野充義。

主催: 東京国際文芸フェスティバル事務局