10代から出会う翻訳文学案内 <新・世界文学入門>:沼野教授と読む世界の日本、日本の世界

マグノリアの庭から 文学の未来はどうなるのか



会期 :
2月27日
時間 :
14:00 - 16:00
会場 :
御茶ノ水・ソラシティ カンファレンスセンター2F テラスルーム
住所 :
〒101-0062 東京都千代田区 神田駿河台4-6 御茶ノ水ソラシティ 2F
入場料 :
無料
予約 :
要 ※定員100名 (下記「詳細はこちら」よりお申込みください)
出演者 :
沼野充義 / 小野正嗣

東京大学教授で文芸評論家でもある沼野充義さんをホストに、「世界文学」の視点から新たな読書の提案をする連続対談シリーズ。今回は『九年前の祈り』で芥川賞を受賞された小野正嗣さんを迎え、世界に投げかける“問い”としての文学を考えます。中高生の参加大歓迎。わたしたちが生きる「いま」と「これから」がテーマです。
※過去の対談は『世界は文学で出来ている』シリーズ(光文社刊)として書籍化されています。

主催: 出版文化産業振興財団
協力: 東京大学大学院「現代文芸論研究室」、一般財団法人光文文化財団
協賛: 光文社、子どもゆめ基金(独立行政法人国立青少年教育振興機構)助成活動

お問い合せ先: 03-5211-7282 阿曽沼文月 / 10:00 - 17:00 [平日]