海でつながる台湾に息づく海洋文学 ―台湾の少数海洋民族出身の作家に訊く

最果てこそ最先端ー海の民がいにしえから受け継ぐ知恵に学ぶ



会期 :
3月4日
時間 :
18:30~20:30
(開場18:00)
会場 :
日本財団ビル
住所 :
〒107-8404 東京都港区赤坂1丁目2番2号日本財団ビル
入場料 :
無料
予約 :
※定員に達しましたため、お申し込みを締め切らせていただきました。
※なお、当日お席に余裕がございます場合、当日受付の方を順にご案内させていただきます。
当日受付については、開場と同時(開演30分前)に整理券を配布いたします。
出演者 :
シャマン・ラポガン / 髙樹のぶ子 / 魚住悦子

台湾先原民族で島の民タオ族出身の作家、シャマン・ラポガン。生きる知恵を授けてくれる海への思いを昇華させた彼の作品に共感し、混迷の現代にこそシャマン・ラポガンを読むべきと薦める作家、高樹のぶ子とのトークセッション。台湾原住民文学研究者で翻訳家の魚住悦子がふたりのトークをサポート。

主催:東京国際文芸フェスティバル事務局

MAP